スクエアチャンネル

日時:6/1(火)〜6/8(火)
11:00〜18:30
(最終日は16:30まで)

※入場制限を行う場合があります。ご了承ください。

※新型コロナウイルスの感染拡大状況を鑑み、中止となる場合もございます。

今年のあじさいガーデンは、17色のSDGsカラーをイメージした色鮮やかなあじさいが咲き誇ります。
あじさいはひとつひとつの「小さな花」が集まって大きな花となっているように見えます。
ひとりひとりが小さなことから力を合わせてSDGs 活動に取り組み、あじさいのように一緒に美しい花を咲かせませんか?

ファンケル本社がある横浜市は、山梨県道志村に水源林「道志の森」を所有しており
100年余にわたって計画的に維持管理を行っています。

あじさいガーデンで使用している
ウッドチップや材木は間伐材を
有効活用

森は間伐を行わないと、増えすぎたスギやヒノキの枝や葉が太陽の光を遮り、光が地面まで届かなくなってしまい、スギやヒノキ以外の植物が十分に育つことができなくなってしまいます。

装飾に使用している木材も
間伐材を使用

ファンケルは2010年から「水源エコプロジェクトW-eco・p(ウィコップ)」に参加。 「森を守ること、それは水源を守ることです。」を合言葉に、「道志水源林」について、森と水源を保全する取り組みをしています。

たい肥の制作で
ファンケル銀座スクエアから出た
生ごみを『ごみ』とせず
『循環する資源』へ!

ブラウンライスミイルズ、令和本膳で出た生ごみや、フォレストカフェで出たコーヒーの搾りかす、ファンケルの発芽米を製造する過程で出た米ぬかを利用した“たい肥”を制作。腐葉土と米ぬかを混ぜて、生ごみをたい肥化しています。

ページトップへ